top of page

激アツ浮遊系ダイビング!【ボロカサゴ・ケブカも健在!愛南・うぐる島ダイビングツアー】2022/1/7-9

気温:7-15度



水温:17度



透明度:15-25m




快適スーツ:ドライスーツ(インナー分厚め)、ヒートベスト




生物:ボロカサゴ、アオイガイ、イバラタツ、ダルマガレイ、サクラエビ、タルマワシ、ヨウジウオ幼生、サガミツノメエビ、サンゴヒメエビ、ポントニデス・マルディブエンシス、イソギンチャクモドキカクレエビ、シロウミウシ、イガグリウミウシ、ウミウシカクレエビ、アシビロサンゴヤドリガニsp、フィコカリスシムランス、ルリホシスズメダイ、アケボノハゼ、シラユキウミウシ、チゴミノウミウシ、ニシキカンザシヤドカリなど




ポイント:ダイブ愛南前港、ミツハタダ、親指、浦の口、エントランス



報告:塩木




今年1発目は

愛南→うぐるのハシゴツアー!



風も落ち着いてくれて

念願の愛南浮遊系ダイビングへ

この桟橋からドボン。


ドボンしたゴミだまりに

たーっくさん稚魚たちが集まってました!



特に大当たりはてんちょー発見の

アオイガイ!タコです


メスだけが自分自身で貝を作ります

でも貝が小さくて隠れられてない!笑

かわいすぎやろー!



他にもたくさん。

ぷーさん撮影↓

ホウボウyg


カニの幼生

ちょんまげ長!


メガロパ幼生

これもカニの子供



タルマワシ

樽の中に卵がいっぱい!


サクラエビ幼体

あのサクラエビ

子供の時脚毛ぼーぼーやん!


タツノオトシゴも

子供のときは浮いてます!



かわいい、旅立ちの時



ダルマガレイ


トウカイダルマガレイ




ダイビングポイントも

エビが激アツでした!

砂に擬態する

サガミツノメエビ



イソギンチャクモドキカクレエビ

埋もれてまーす





次の日は、うぐるで!

冬にしては穏やかで貸し切り!





カーリーさん撮影↓



バトル中、ウミウシカクレエビ



アケボノも出っ放し

なんなら砂にぶつかる、鈍臭い子。笑 



ルリホシの幼魚いる1月、やば!

もう季節感が分かりません笑




ぷーさん撮影↓

ボロさん、あけおめでーす♩



クダゴンベの子供ちゃん♩


なんとケブカキンチャクも健在!

好きな所には居着いてくれるみたい。



いいお家だね♩



枝毛ぴょーん

シムランスさん



こっちのシムラさんは

なんか色々ついてる




愛南で教えてもらった

アシビロサンゴヤドリガニの新種

うぐるにも居ましたーー!



これ良かったなぁ

赤いサンゴにつく、赤いウサギガイ

同じ色、同じ模様、天才的。

ピンクのたまごも♩




ピンクでかわいいな

カザリサンゴヤドカリ




楽しすぎたので

最終日も3ダイブしてきましたー!

お椀ちょうどの、おしるこ食べて♩




愛南もうぐるも

大満喫でしたー!

ありがとうございました(^O^)




あ、

ボロにビシャモンエビ付いてたよ♩笑

閲覧数:90回

コメント


bottom of page